2018年3月6日火曜日

Python+Flaskで、キャッシュ「Flask-Cache」

Python+Flaskで、キャッシュ「Flask-Cache」です。ビューのキャッシュ以外にも、関数の結果をキャッシュできたりするらしい。

from flask import Flask
from flask.ext.cache import Cache

app = Flask(__name__)

# 設定読み込み
cache = Cache(app,config={'CACHE_TYPE': 'simple'})

# ビューのキャッシュ(30秒)
@app.route('/api/now')
@cache.cached(30)
def current_time():
    return str(datetime.now())

実際に設定してみたのがこちら

参考サイト
Flask-Cache(Flask-Cache documentation)

0 件のコメント:

コメントを投稿