2018年3月17日土曜日

理論上、解読不可能なインターネット暗号通信(日立)

株式会社日立製作所は、インターネットに接続された環境で、事実上暗号解読が不可能なほどの高い安全性を実現する暗号通信技術を開発したとのこと。実用化が待たれますねぇ。

今回の試作機では共通鍵の長さは1900ビット、全数探索数は10の572乗となり、宇宙年齢の138億年を使っても解読が困難なレベルの安全性を実現したとしている。


参考サイト
日立、ランダムなノイズを利用して理論上解読が不可能なレベルで長距離の暗号通信を可能にする技術を開発(クラウド Watch)

0 件のコメント:

コメントを投稿