2018年1月8日月曜日

CPU脆弱性「Meltdown」と「Spectre」の対策?

CPU脆弱性「Meltdown」と「Spectre」の対策? いろいろな記事に目を通してみましたが、気長にパッチをあてていくしかないようですね。

メルトダウンとスペクターは、最新のプロセッサの重大な脆弱性を悪用します。 これらのハードウェアの脆弱性により、プログラムはコンピュータ上で処理されているデータを盗み出すことができます。 プログラムは通常、他のプログラムからデータを読み取ることは許可されていませんが、悪意のあるプログラムはMeltdownとSpectreを悪用して、実行中の他のプログラムのメモリに保存されている秘密を保持することができます。 これには、パスワードマネージャーやブラウザに保存されたパスワード、個人的な写真、電子メール、インスタントメッセージ、ビジネス文書まで含まれます。




参考サイト
Googleが発見した「CPUの脆弱性」とは何なのか。ゲーマーに捧ぐ「正しく恐れる」その方法まとめ(4Gamer.net)
スペクター! メルトダウン! カーネル・パニック!――今回の脆弱性はほぼ全員に影響が及ぶ(TechCrunch Japan)
インテルのチップに潜む「欠陥」が、コンピューターの基本的なセキュリティを脅威にさらす(WIRED.jp)
Google、CPU脆弱性「Meltdown」「Spectre」の緩和策を「Google Chrome 64」へ導入(窓の杜)
Meltdown and Spectre

0 件のコメント:

コメントを投稿