2017年3月27日月曜日

Laravel5.4で、リクエストごとにバリデーションメッセージをカスタマイズ

Laravel5.4で、リクエストごとにバリデーションメッセージをカスタマイズです。 messages()関数でエラーメッセージを上書きできるので、かなり自由になる感じ。

/app/Http/Requests/StoreBlogPost.php
  public function messages()
  {
    return [
      'title.required' => 'ブログのタイトルを入力してください。',
      'title.min' => 'ブログのタイトルは10文字以上で入力してください。',
      'title.max' => 'ブログのタイトルは100文字以下で入力してください。',
    ];
  }

参考サイト
Laravel 5, custom error messages.(Laracasts)

0 件のコメント:

コメントを投稿