2016年12月16日金曜日

Laravel5.3で、カスタム例外ページ

Laravel5.3で、カスタム例外ページです。Handler.php にレポート先を指定すればOKらしい。

/app/Exceptions/Handler.php
public function render($request, Exception $exception)
{
    if ($exception instanceof CustomException) {
        return response()->view('errors.500', [], 500);
    }

    return parent::render($request, $exception);
}

テンプレートファイルを追加。「$exception」の変数で例外の内容を受け取れます。
/resources/views/errors/500.blade.php
{{ $exception }}

参考サイト
Errors & Logging(Laravel)

0 件のコメント:

コメントを投稿