2016年8月18日木曜日

「Phoenix」フレームワークで、カスタム404ページ

Phoenix」フレームワークで、カスタム404ページです。ディフォルトの404ページはそっけないので、変更したいところ。

/config/dev.exs(設定ファイルで、デバックモードを解除)
config :hello_phoenix, HelloPhoenix.Endpoint,
  http: [port: 4000],
  debug_errors: false,
  code_reloader: true,
  cache_static_lookup: false,
/web/views/error_view.ex(エラービューでの出力設定を変更)
  def render("404.html", _assigns) do
    # "Page not found"
    render("not_found.html", %{})
  end
/web/templates/error/not_found.html.eex(エラーテンプレートを準備)
<h2>404 - Page Not Found</h2>

参考サイト
The ErrorView(Phoenix)
Making a custom 404 page with Phoenix(Learning with JBさん)

0 件のコメント:

コメントを投稿