2016年3月24日木曜日

Apache(2.4.18)をソースからインストール後、起動スクリプトの設定

Apache(2.4.18)をソースからインストール後、起動スクリプトの設定です。環境は、CentOS6.5です。

# スクリプトのコピー
cp httpd-2.4.18/build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd
/etc/init.d/httpd(変更部分のみ)
60 httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}
61 pidfile=${PIDFILE-/usr/local/apache2/logs/httpd.pid}
62 lockfile=${LOCKFILE-/usr/local/apache2/logs/${prog}}

66 check13 () {
67         CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf
# 起動スクリプトを追加
chkconfig --add httpd

# 自動起動設定
chkconfig httpd on

# 確認
chkconfig --list httpd

# 設定確認
/etc/rc.d/init.d/httpd configtest

# 起動
/etc/rc.d/init.d/httpd start

# 停止
/etc/rc.d/init.d/httpd stop

参考サイト
Apache ソースインストール時の自動起動設定(Qiita)

0 件のコメント:

コメントを投稿