2015年10月3日土曜日

Vagrantの後継ツール「Otto」がリリース

Vagrantの後継ツール「Otto」がリリースされたとのこと。「設定なしでプロジェクトの種類を判別し、自動的に開発環境を構築できる」とありますが、どういうことなのでしょうか?! 夢の様なツール(笑)?

Ottoは、環境構築ツール「Vagrant」の後継となるツールで、設定なしでプロジェクトの種類を判別し、自動的に開発環境を構築できる。また、デプロイが可能な状態になったら、インフラやサーバ、アプリケーションを含む本番環境の構築にも対応する。



参考サイト
Vagrantの後継ツールとして、開発環境だけでなく実際の動作環境も構築できる「Otto」がリリース(CodeZine)

0 件のコメント:

コメントを投稿