2015年8月7日金曜日

IISで、web.configを利用してHTTPカスタムエラーページの表示

IISで、web.configを利用してHTTPカスタムエラーページの表示です。XML形式なので、テキストエディタなどで用意できます。編集したらサーバーにアップして、IISを再起動連れば、動作します。

web.config
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
  <system.webServer>
    <httpErrors>
       <remove statusCode="404" subStatusCode="-1" />
       <error statusCode="404" prefixLanguageFilePath="" path="/404.html" responseMode="ExecuteURL" />
       <remove statusCode="403" subStatusCode="-1" />
       <error statusCode="403" prefixLanguageFilePath="" path="/403.html" responseMode="ExecuteURL" />
       <remove statusCode="500" subStatusCode="-1" />
       <error statusCode="500" prefixLanguageFilePath="" path="/500.html" responseMode="ExecuteURL" />
    </httpErrors>
  </system.webServer>
</configuration>

参考サイト
Using web.config to return custom 404 and 500 errors(Stokia Networkさん)

0 件のコメント:

コメントを投稿