2015年5月5日火曜日

Dockerコンテナの実行環境に最適化されたコンパクトな「RHEL Atomic Host」

Dockerコンテナの実行環境に最適化されたコンパクトな「RHEL Atomic Host」が発表されています。仮想化とコンテナ(Docker)の違いが、非常によくわかります。
コンテナ技術では、基盤としてのOSは1つだけだ。アプリケーションやアプリケーションが使用するシステムソフトなどをコンテナ化(パッケージ化)しているが、OSとしては1つの基盤を共有している。ハイパーバイザーによる仮想化のように、OSが複数動作することもなくなるため、システム全体としてアプリケーションに割り当てられるComputeリソースが増え、コンテナの方がパフォーマンス的に有利といわれている。

0 件のコメント:

コメントを投稿