2015年2月4日水曜日

Meteor(メテオ)の原則

Meteor(メテオ)の原則。

次なる、おバカ実験プロジェクトは何にしようかと物色していたところ、Meteorのその先進性に圧倒されてしまいました。手を出せば、確実に消化不良を起こすことは目に見えていますが、抗しがたい魅力を備えています。悩ましい(笑)。

ワイヤー上のデータ

Meteorは、ネットワークを介してHTMLを送信しません。
サーバーは、データを送信し、クライアントはそれをレンダリングすることができます。

一つの言語

Meteorは、クライアントとサーバーの両方を、JavaScriptで、アプリケーション作成できます。

データベースは、どこでも

クライアントまたはサーバからデータベースにアクセスするため、同じ方法を使用することができます。

レイテンシー補正

Meteorは、クライアントでは、データをプリフェッチし、サーバーメソッドから即座に応答しているようにモデルをシミュレートします。

フルスタック反応性

Meteorは、リアルタイムがデフォルトです。
必要なときに、すべての層は、データベースからテンプレートまで、自動的にデータを更新します。

生態系を包含

Meteorはオープンソースであり、既存のオープンソースのツールとフレームワークに統合されています。

シンプルさは、生産性

簡単なように見える最善の方法は、実際に簡単であることです。
Meteorの主な機能は、きれいで古典的な美しいAPIです。



Meteorをはじめよう:体感!JavaScriptで超速アプリケーション開発 -Meteor完全解説(技術評論社)

0 件のコメント:

コメントを投稿