2015年2月27日金曜日

MeteorのLive updatesアーキテクチャ

MeteorのLive updatesアーキテクチャについてです。 技術評論社の「第7回 クライアントとサーバのコード共有を促進するデータベースアーキテクチャ」を読んで、今頃、そういうことなかと、わかったような気がします。メモリ上にキャッシュしているよいうことは、巨大なメモリが必要ということなのでしょうか?

すべてのMeteorクライアントはサーバ上のデータをメモリ上にキャッシュするためです。上記のコードがクライアント上で実行された場合、それはキャッシュに対するデータ取得処理となります。
クライアント上でデータを変更した場合は、まずクライアント上のキャッシュが変更され、即座にサーバに対して変更処理がリクエストされます。サーバ上のデータが正常に変更されると、その変更はすべてのMeteorクライアントに伝えられ、全クライアントのキャッシュが変更されることになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿