2015年1月13日火曜日

Fat-Free Frameworkで、ORM

Fat-Free Frameworkで、ORMです。MongoDBJig Mapper(配列データをASCII形式のフラットファイルへ格納するためのクラス、JSON形式のデータなど)でも、同じようにデータを扱うことができるようです。

ちなみに、URLのパラメーター部分は、「$f3->get('PARAMS.〇〇');」で取得可能。

index.php
$f3->route('GET /blog/@slug',
  function($f3) use ($db) {
    // 普通のSQL DB
    $slug = $f3->get('PARAMS.slug');
    $blog = new DB\SQL\Mapper($db,'blogs');
    $blog->load(array('slug=?',$slug));

    // MongoDBの例
    $db = new DB\Mongo('mongodb://localhost:27017','testdb');
    $user = new DB\Mongo\Mapper($db,'users');
    $user->load(array('userID'=>'tarzan'));

    // Jig Mapperの例
    $db = new DB\Jig('db/data/',DB\Jig::FORMAT_JSON);
    $user = new DB\Jig\Mapper($db,'users');
    $user->load(array('@userID=?','tarzan'));

    $f3->set('blog',$blog);
    $f3->set('content','blog_read.htm');
    echo Template::instance()->render('layout.htm');
  }
);

実際に設定してみたのが、こちら

参考サイト
CRUD (But With a Lot of Style)(Fat-Free Framework for PHP)
The Smart SQL ORM(Fat-Free Framework for PHP)

0 件のコメント:

コメントを投稿