2015年1月6日火曜日

Fat-Free Frameworkで、404ページのカスタマイズ

Fat-Free Frameworkで、404ページのカスタマイズです。前回、使い方がわからずに挫折しましたが、ようやく理解できました。ONERRORは、システム変数で、カスタムエラーを扱うためのコールバック関数になっているようです。

index.php
$f3->set('ONERROR',function($f3){
  $error = $f3->get('ERROR') ;
  /*
  `ERROR.code` - the HTTP status error code (`404`, `500`, etc.)
  `ERROR.status` - a brief description of the HTTP status code. e.g. `'Not Found'`
  `ERROR.text` - error context
  `ERROR.trace` - stack trace stored in an `array()`
  */
  $f3->set('error',$error);
  $f3->set('content','error.htm');
  echo Template::instance()->render('layout.htm');
});
/ui/error.htm
<h1>{{@ERROR.text}}</h1>
<p>Error code: {{@ERROR.code}}</p>

実際に設定してみたのが、こちら

参考サイト
About the F3 Error Handler(Fat-Free Framework for PHP)
Fat Free Framework (F3): custom 404 page (and others errors)(Stack Overflow)

0 件のコメント:

コメントを投稿