2015年1月9日金曜日

Fat-Free Frameworkで、入力データのチェック「Audit」クラス

Fat-Free Frameworkで、入力データのチェック「Audit」クラスです。よくあるバリデーションとはちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、なかなか面白いものが用意されているかなと思います。偏りがある(笑)?

$audit = \Audit::instance();

でインスタンスを立ち上げて準備完了。
以下のようなメソッドが用意されています。

  • url
  • email
  • ipv4
  • ipv6
  • isprivate
  • isreserved
  • ispublic
  • isdesktop
  • ismobile
  • isbot
  • mod10
  • card
  • entropy

index.php
$f3->route('GET /audit ',
  function($f3) {
    $url = $f3->get('GET.url');
    // インスタンス立ち上げ
    $audit = \Audit::instance();
    // URLか否か
    $isurl = $audit->url($url); 
    // デスクトップ端末か否か
    $isdesktop = $audit->isdesktop(); 
    // モバイル端末か否か
    $ismobile = $audit->ismobile();

    $f3->set('url',$url);
    $f3->set('isurl',$isurl);
    $f3->set('isdesktop',$isdesktop);
    $f3->set('ismobile',$ismobile);
    $f3->set('content','audit.htm');
    echo Template::instance()->render('layout.htm');
  }
);

実際に設定してみたのが、こちら

参考サイト
Audit(Fat-Free Framework for PHP)

0 件のコメント:

コメントを投稿