2014年5月5日月曜日

Swift Mailerで、メールの「Message-ID」指定

Swift Mailerで、メールの「Message-ID」指定です。setId() で、指定が可能。メールヘッダーの「Message-ID:」部分に埋め込まれます。データベースと連携して、ID管理しておくと、便利に利用できるかもしれません。

$message = \Swift_Message::newInstance();
$message->setId(uniqid() . "@example.com");
$message->setFrom($from, "送信者");
$message->setTo(array($to => "受信者"));
$message->setSubject($subject);
$message->setBody($body);

0 件のコメント:

コメントを投稿