2013年1月4日金曜日

Djangoで、Cloudinaryを利用した画像のアップロード

Django(1.4.2)で、Cloudinaryを利用した画像のアップロードです。ファイル名(public_id)やフォーマット(format)などを指定してアップロードすることが可能です。ローカルの開発環境からもアップロードできるので、いろいろなことが試せます。

views.py
from cloudinary import CloudinaryImage
import cloudinary, cloudinary.uploader, cloudinary.forms, cloudinary.api

ret = cloudinary.uploader.upload(image, public_id='samplename' format='jpg')

# リターン(ret)として、以下のようなデータが返ってきます。
{
u'secure_url': u'https://res.cloudinary.com/samplename.jpg', 
u'public_id': u'samplename', 
u'format': u'jpg', 
u'url': u'http://res.cloudinary.com/samplename.jpg', 
u'height': 200, 
u'width': 200, 
u'version': 1340625837, 
u'signature': u'01234567890', 
u'resource_type': u'image'
}

参考サイト
django cloudinary upload remote image via url - invalid file name(Stack Overflow)

0 件のコメント:

コメントを投稿