2012年3月31日土曜日

VMware Player 4.0でディスク拡張(CentOS 6.2)

VMware Player 4.0でディスク拡張する手順です。毎回、やり方を忘れて調べ直すはめになるので、今回は特に詳しく備忘録です。CentOS 6.2を利用中、6GBで手狭になったので、10GBへの拡張しました。セコイ拡張ですね(笑)。最初から大きく確保しておけば、こんな作業は必要ないのですが。

大きな流れは、次の3ステップ。

1, VMware Player上で、ディスクユーティリティーを利用して、拡張領域を確保する

2, 仮想マシンを立ち上げ、広げた領域を認識させ、フォーマットする


3, フォーマットしたデイスクスペースを既存のものに追加する



-------------------- その1 --------------------
まずは、VMware Playerでの拡張作業。

仮想マシンの編集

ハードディスクをクリック

ユーティリティーの「拡張」をクリック

拡張したいデイスクサイズを入力して、「拡張」ボタンをクリック

-------------------- その2 --------------------
(既存のディスク領域を確認)
# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                      3.5G  2.7G  625M  82% /
tmpfs                 504M     0  504M   0% /dev/shm
/dev/sda1             485M  108M  352M  24% /boot

(ディスクのパーティションを設定する)
# fdisk -l
ディスク /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 1305
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0003a9a2

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64         784     5778432   8e  Linux LVM
パーティション 2 は、シリンダ境界で終わっていません。

ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_root: 3800 MB, 3800039424 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 461
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_root は正常なパーティションテーブルを含んでいません

ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_swap: 2113 MB, 2113929216 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 257
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_swap は正常なパーティションテーブルを含んでいません

# fdisk /dev/sda

警告: DOS互換モードは廃止予定です。このモード (コマンド 'c') を止めることを
      強く推奨します。 and change display units to
         sectors (command 'u').

(まずは状態の確認)
コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 1305
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0003a9a2

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64         784     5778432   8e  Linux LVM
パーティション 2 は、シリンダ境界で終わっていません。

(新規作成)
コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
(基本パーティションの3とする)
p
パーティション番号 (1-4): 3
最初 シリンダ (784-1305, 初期値 784):
初期値 784 を使います
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (784-1305, 初期値 1305):
初期値 1305 を使います

(再度状態の確認)
コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 1305
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0003a9a2

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64         784     5778432   8e  Linux LVM
パーティション 2 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda3             784        1305     4190956+  83  Linux

(新しく出来た「sda3」をLinux LVMに変更)
コマンド (m でヘルプ): t
パーティション番号 (1-4): 3
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): L

 0  空             24  NEC DOS         81  Minix / 古い  bf  Solaris
 1  FAT12           39  Plan 9          82  Linux スワッ c1  DRDOS/sec (FAT-
 2  XENIX root      3c  PartitionMagic  83  Linux           c4  DRDOS/sec (FAT-
 3  XENIX usr       40  Venix 80286     84  OS/2 隠し C:  c6  DRDOS/sec (FAT-
 4  FAT16 <32M      41  PPC PReP Boot   85  Linux 拡張領 c7  Syrinx
 5  拡張領域    42  SFS             86  NTFS ボリュ  da  非 FS デー
 6  FAT16           4d  QNX4.x          87  NTFS ボリュ  db  CP/M / CTOS / .
 7  HPFS/NTFS       4e  QNX4.x 2nd part 88  Linux プレー de  Dell ユーテ
 8  AIX             4f  QNX4.x 3rd part 8e  Linux LVM       df  BootIt
 9  AIX ブート   50  OnTrack DM      93  Amoeba          e1  DOS access
 a  OS/2 ブート  51  OnTrack DM6 Aux 94  Amoeba BBT      e3  DOS R/O
 b  W95 FAT32       52  CP/M            9f  BSD/OS          e4  SpeedStor
 c  W95 FAT32 (LBA) 53  OnTrack DM6 Aux a0  IBM Thinkpad    eb  BeOS fs
 e  W95 FAT16 (LBA) 54  OnTrackDM6      a5  FreeBSD         ee  GPT
 f  W95 拡張領   55  EZ-Drive        a6  OpenBSD         ef  EFI (FAT-12/16/
10  OPUS            56  Golden Bow      a7  NeXTSTEP        f0  Linux/PA-RISC
11  隠し FAT12    5c  Priam Edisk     a8  Darwin UFS      f1  SpeedStor
12  Compaq 診断   61  SpeedStor       a9  NetBSD          f4  SpeedStor
14  隠し FAT16 <3 63  GNU HURD また ab  Darwin ブー   f2  DOS セカン
16  隠し FAT16    64  Novell Netware  af  HFS / HFS+      fb  VMware VMFS
17  隠し HPFS/NTF 65  Novell Netware  b7  BSDI fs         fc  VMware VMKCORE
18  AST SmartSleep  70  DiskSecure Mult b8  BSDI スワッ  fd  Linux raid 自
1b  隠し W95 FAT3 75  PC/IX           bb  隠し Boot Wiz fe  LANstep
1c  隠し W95 FAT3 80  古い Minix    be  Solaris ブー  ff  BBT
1e  隠し W95 FAT1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 8e
領域のシステムタイプを 3 から 8e (Linux LVM) に変更しました

(再度状態の確認)
コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 1305
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x0003a9a2

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64         784     5778432   8e  Linux LVM
パーティション 2 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda3             784        1305     4190956+  8e  Linux LVM

(書き込み)
コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。

警告: パーティションテーブルの再読込みがエラー 16 で失敗しました: デバイスもしくはリソースがビジー状態です。
カーネルはまだ古いテーブルを使っています。新しいテーブルは
次回リブート時か、partprobe(8)またはkpartx(8)を実行した後に
使えるようになるでしょう
ディスクを同期しています。

# shutdown -r now

-------------------- その3 --------------------
# pvcreate --help
    pvcreate
            [--norestorefile]
            [--restorefile file]
            [-d|--debug]
            [-f[f]|--force [--force]]
            [-h|-?|--help]
            [--labelsector sector]
            [-M|--metadatatype 1|2]
            [--pvmetadatacopies #copies]
            [--metadatasize MetadataSize[bBsSkKmMgGtTpPeE]]
            [--dataalignment Alignment[bBsSkKmMgGtTpPeE]]
            [--dataalignmentoffset AlignmentOffset[bBsSkKmMgGtTpPeE]]
            [--setphysicalvolumesize PhysicalVolumeSize[bBsSkKmMgGtTpPeE]
            [-t|--test]
            [-u|--uuid uuid]
            [-v|--verbose]
            [-y|--yes]
            [-Z|--zero {y|n}]
            [--version]
            PhysicalVolume [PhysicalVolume...]

(物理ボリュームの作成)
# pvcreate /dev/sda3
  Writing physical volume data to disk "/dev/sda3"
  Physical volume "/dev/sda3" successfully created

# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                      3.5G  2.7G  625M  82% /
tmpfs                 504M     0  504M   0% /dev/shm
/dev/sda1             485M  108M  352M  24% /boot

# vgextend --help
  vgextend: Add physical volumes to a volume group

    vgextend
            [-A|--autobackup y|n]
            [--restoremissing]
            [-d|--debug]
            [-f|--force]
            [-h|--help]
            [-t|--test]
            [-v|--verbose]
            [--version]
            [ PHYSICAL DEVICE OPTIONS ]
            VolumeGroupName PhysicalDevicePath [PhysicalDevicePath...]

(物理ボリュームの拡張)
# vgextend VolGroup /dev/sda3
  Volume group "VolGroup" successfully extended

# lvextend --help
  lvextend: Add space to a logical volume

    lvextend
            [-A|--autobackup y|n]
            [--alloc AllocationPolicy]
            [-d|--debug]
            [-f|--force]
            [-h|--help]
            [-i|--stripes Stripes [-I|--stripesize StripeSize]]
            {-l|--extents [+]LogicalExtentsNumber[%{VG|LV|PVS|FREE|ORIGIN}] |
             -L|--size [+]LogicalVolumeSize[bBsSkKmMgGtTpPeE]}
            [-m|--mirrors Mirrors]
            [--use-policies]
            [-n|--nofsck]
            [--noudevsync]
            [-r|--resizefs]
            [-t|--test]
            [--type VolumeType]
            [-v|--verbose]
            [--version]
            LogicalVolume[Path] [ PhysicalVolumePath... ]

(論理ボリュームの拡張)
# lvextend -L +4Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Extending logical volume lv_root to 7.54 GiB
  Insufficient free space: 1024 extents needed, but only 1022 available

(実際よりも、大きく指定すると失敗するので、ちょっと小さめで拡張
# lvextend -L +3.8Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 3.80 GiB
  Extending logical volume lv_root to 7.34 GiB
  Logical volume lv_root successfully resized

(ファイルシステムを拡大)
# resize2fs /dev/mapper/VolGroup-lv_root
resize2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem at /dev/mapper/VolGroup-lv_root is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
Performing an on-line resize of /dev/mapper/VolGroup-lv_root to 1924096 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/mapper/VolGroup-lv_root is now 1924096 blocks long.

# df -h
4GB3.8GB増えてる!)
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                      7.3G  2.7G  4.2G  40% /
tmpfs                 504M     0  504M   0% /dev/shm
/dev/sda1             485M  108M  352M  24% /boot

(その後も、もったいないので、小刻みに拡大)
# lvextend -L +0.1Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 104.00 MiB
  Extending logical volume lv_root to 7.44 GiB
  Logical volume lv_root successfully resized

# lvextend -L +0.1Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 104.00 MiB
  Extending logical volume lv_root to 7.54 GiB
  Insufficient free space: 26 extents needed, but only 23 available

# lvextend -L +0.01Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 12.00 MiB
  Extending logical volume lv_root to 7.45 GiB
  Logical volume lv_root successfully resized

# lvextend -L +0.01Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 12.00 MiB
  Extending logical volume lv_root to 7.46 GiB
  Logical volume lv_root successfully resized

# lvextend -L +0.01Gb /dev/mapper/VolGroup-lv_root
  Rounding up size to full physical extent 12.00 MiB
  Extending logical volume lv_root to 7.48 GiB
  Logical volume lv_root successfully resized

# resize2fs /dev/mapper/VolGroup-lv_root
resize2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem at /dev/mapper/VolGroup-lv_root is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
Performing an on-line resize of /dev/mapper/VolGroup-lv_root to 1972224 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/mapper/VolGroup-lv_root is now 1972224 blocks long.

# df -h
(4GB増えてる!!)
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                      7.5G  2.7G  4.4G  39% /
tmpfs                 504M     0  504M   0% /dev/shm
/dev/sda1             485M  108M  352M  24% /boot
素晴らしい。見事に拡張されました。

参考サイト
VMware/ESXi/LVMのディスク拡張

2012年3月30日金曜日

ジャパネットたかたが、ウェブ制作者を募集中

ジャパネットたかたが、ウェブ制作者を募集していますね。「求める人材」は、以下のようになっています。

専門卒以上
Webサイトの企画、デザイン・コーディングなどの実務経験
Photoshop/Illustratorなどを用いた制作実務経験

興味の有る方は、是非どうぞ。


2012年3月29日木曜日

5GBの無料オンラインストレージ「IDrive」

5GBの無料オンラインストレージ「IDrive」を利用してみました。専用プログラムをインストールしてファイル管理するタイプのものは好きではないので、ウェブのインターフェイスのみで、どれだけ快適に利用できるかが問題となるわけですが、1ファイルが100MBを超える大きなファイルでも、問題なくアップ出来ました。快適に使えています。ありがたし。

2012年3月28日水曜日

jQueryで、ゆらゆら漂う効果を表現できる「jqFloat」

jQueryで、ゆらゆら漂う効果を表現できる「jqFloat」を試してみました。ほのぼのとして、力が抜けます(笑)。


ソースはこちら。
$(function() {
    $('#floatimage').jqFloat({
        width:100,
        height:100,
        speed:1000
    });
});

2012年3月27日火曜日

太陽光発電も3Dの時代?!

太陽光発電も3Dの時代(3D Solar Panels from MIT)?! MITが開発した3Dの太陽電池が紹介されています。確かに、平面で発電するより効率が上がるのは容易に想像できますが、設置場所は限られるかもしれません。今後は、いろいろな形のものがお目見えしそうです。



2012年3月26日月曜日

Google+のハングアウトで「画面の共有」

Google+のハングアウトで「画面の共有」、これは素晴らしい。相手の顔を見ながら、チャットができろことはもちろんですが、画面の共有やドキュメントの共有も行えるようになっています。ネットワーク上で仕事をしている人々にとっては、仕事形態が一変しそうな気がします。今後、確実にビジネスで利用される機会が増えるでしょう。Skype危うし?



2012年3月25日日曜日

秋田県男鹿市で「なまはげのなり手」募集中、月給20万円

秋田県男鹿市で「なまはげのなり手」募集中です。「なまはげ」になり、県内外での観光PRを行う仕事になります。パソコン(エクセル、ワ一ド)が出来る方で、失業者に限るとのこと。東日本大震災で被災された方は優先的に採用されます。月給は20万円。詳しくはこちら。夢のある仕事ですね。観光大使として常設し、大きな仕事に育ててほしいものです。

2012年3月24日土曜日

無料で5GBのストレージ「Ubuntu One」に登録

無料で5GBのストレージ「Ubuntu One」に登録して利用してみました。英語メニューしかありませんが、ブラウザからファイルのアップロード、ダウンロードが可能で、便利に使えます。サーバーが海外にあるため(?)でしょうか、若干、回線が遅いかもしれません。しかし、1ファイルのサイズ制限もないようですし、ありがたい限りです。「Ubuntu One for Windows」という同期ソフトも用意されています。有料ですが、音楽ファイルのストリーミングサーバーとしても利用できるようです。

2012年3月23日金曜日

CentOS 6.2にphp-mcryptをインストール

CentOS 6.2にphp-mcryptをインストールしてみました。FedoraのEPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)リポジトリを追加してから、インストールする必要があるようです。

EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux) リポジトリをダウンロード
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-5.noarch.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux) リポジトリをインストール
# rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
# rpm -i epel-release-6-5.noarch.rpm

php-mcryptをインストール
# yum install php-mcrypt -y

参考
How to Install php-mcrypt on CentOS 6.2

2012年3月22日木曜日

ドメインの取得、管理を行える「godaddy.com」

ドメインの取得、管理を行える「godaddy.com」を利用してみました。安いですが、機能が豊富すぎてわかりにくいです。海外では名の知れたドメインレジストラらしいですが、日本から利用している人は少ないでしょう。ウェブ上からドメイン取得やネームサーバーの設定など、細かく行うことが可能です。時には海外のサービスを利用して、目先を変えてみるものいいかもしれません。日本のサービスの素晴らしさが、改めてよくわかります。

2012年3月21日水曜日

24金の輝くMAC(Macbook Pro、iMac、iPad等)はいかが?

24金の輝くMAC(Macbook Pro、iMac、iPad等)はいかが(Computer Choppers)? 本当にMACを愛してやまないなら、これぐらいやらないといけないのかもしれません。24金は、さすがに輝きが違いますね。更に、マックのロゴマークには、ダイヤモンドが埋め込まれています。お値段はいかほどなのかと探してみましたが、見当たりませんでした。カスタムメイドなのかもしれません。ちなみに、プラチナコーティングなども可能なようです(笑)。


2012年3月20日火曜日

ユニークな絵文字が満載の「Emojicons」

ユニークな絵文字が満載の「Emojicons」、力が抜けて良いです。あまり見かけない個性的な絵文字が多く登録されているような気がします。愛らしいものから、テーブルをひっくり返して怒りを表現しているものまで、バラエティー豊か。こんな絵文字の入ったメールを受け取ったら、心が和むこと間違いなし。一例を紹介しておきます。

(╯°□°)╯︵ ┻━┻  ლ(╹◡╹ლ)


¯\_(ツ)_/¯  ʕ •ᴥ•ʔ


( ˘ ³˘)♥  ( ^◡^)っ✂╰⋃╯


2012年3月19日月曜日

「feel Windows」で小型PCとノートPCのレビューア募集中

feel Windows」で小型PCとノートPCのレビューア募集中です。当選すれば、レビューを書かなければならないと思いますが、実質、無償で新しいパソコンが自分のものとして利用できるようになる(?)わけですから、これはもう応募するしかないでしょう。当たらないかな(笑)?

2012年3月18日日曜日

水玉を落としたような視覚効果の「jQuery.twinkle」を組み込み

水玉を落としたような視覚効果の「jQuery.twinkle」を組み込んでみました。「ここをクリック」のボタンを押してもらうと、水玉が広がっていくようなエフェクトがかかります。エレガントですねぇ。実にいい。これを利用して、凝ったナビゲーションメニューなど作成したら、女性に受けがいいかも(笑)。








ここをクリック!








ソースはこちら。
<script type="text/javascript">
$(function(){
   $("#twinklesample").click(function(){
      var options = {
         "effect": "drops",
         "effectOptions": {
            color: "rgba(102,204,85,0.5)",
            radius: 200,
            duration: 2000,
            width: 2,
            count: 3,
            delay: 100
         }
      };
      $("#twinklesample").twinkle(options);
   });
});
</script>

2012年3月17日土曜日

Gimp2.6にブラシを追加

Gimp2.6にブラシを追加してみました。deviantARTのページから、GIMP Brushes(Download Fileのリンク)をダウンロードし、Windowsの場合、プログラムフォルダの「GIMP-2.0¥share¥gimp¥2.0¥brushes¥」に保存します。

プログラムフォルダ¥GIMP-2.0¥share¥gimp¥2.0¥brushes¥(ここに保存)

一度、Gimpを閉じ、再度、起動するとブラシが読み込まれています。早速利用してみましょう。一番下にあるような作品が、ものの30秒ほどでできてしまいます。ありがたい。





実際の作品がこちら。

2012年3月16日金曜日

Firefoxが2012年中にサイレントアップデートとソーシャルボン機能の追加を計画中

Firefoxが2012年中にサイレントアップデートとソーシャルボタン機能の追加を計画中とのこと。サイレントアップデートはChromeでお馴染みの機能なのでいいとして、ソーシャルボタンをブラウザに組み込んでしまうというのは、おもしろい試みだと思います。それだけ、ソーシャルネットワークは必然的ということなのでしょう。

2012年3月15日木曜日

ブロガー(blogger)に「読者になる」のリンクを追加

ブロガー(blogger)に「読者になる」のリンクを追加してみました。実際に組み込んでみると、こんな感じです。読者が増えてくれるかな(笑)?

読者になる

ソースはこちら。「(あなたのブログID)」には、管理画面URLの「blogID=」に続く数字を入力して下さい。

<a onclick="window.open("http://www.blogger.com/follow-blog.g?blogID=(あなたのブログID)", "followpopup", "width=600, height=600, toolbar=no, menubar=no, scrollbars=no, resizable=no, location=no, directories=no, status=no"); return false;">読者になる</a>

2012年3月14日水曜日

SPDY(スピーディ)プロトコルで通信していることがわかるChrome拡張「SPDY indicator」

SPDY(スピーディ)プロトコルで通信していることがわかるChrome拡張機能「SPDY indicator」を入れてみました。Gmailのページにアクセスしてみると、アドレスバー右に緑色の稲妻マークが表示され、SPDYプロトコルで通信していることがわかります。TwitterもSPDYですね。今後、採用するサイトが増えていくでしょう。


2012年3月13日火曜日

Pearの「標準コーディング規約」を読んで、初心に帰る

Pearの「標準コーディング規約」を読んで、初心に帰りました。コーディングする上で、大切なことばかりで、非常に参考になります。ソースの視認性も、メンテナンス性も改善されることでしょう。向上心を持って、こういうものを取り入れていかないといけないなと、戒められました。もっと精進しなければ。


2012年3月12日月曜日

「日本ゲーム大賞2012」アマチュア部門で、作品募集中

「日本ゲーム大賞2012」アマチュア部門で、作品を募集しています。法人、個人にかかわらず、アマチュアの方が制作された、オリジナルで市販されていない作品を対象に選考されます。家庭用ゲーム機、パソコン、携帯電話等、プラットフォームの制限はなし。大賞50万円、優秀賞5万円となっています。腕に自信のある方、是非どうぞ。

2012年3月11日日曜日

マイクロソフトの超高速タッチスクリーン

マイクロソフトの超高速タッチスクリーン(Microsoft Envisions A Future With Super-Fast Touchscreens)、タッチスクリーンのタイムラグを改善していく過程がわかりやすく解説されています。何事も、突き詰めれば、新たな市場が開けてくるものです。ちょっとでも良いものを作るという「こだわり」は、本当に大事です。



2012年3月10日土曜日

これぞシステム管理者の鑑?(コメディー動画)

これぞシステム管理者の鑑? この動画(The Website is Down)おもしろすぎます(笑)。忙しくて煮詰まっているシステム管理者に、是非、見ていただきたい作品です。中身のないコメディー動画となっていますので、本当に忙しい方は、スルーして下さい。全編英語ですが、雰囲気は伝わると思います。一部、お下劣な内容も含まれていますので、紳士淑女はご注意を。笑っちゃいけないと思うのですが、私は腹を抱えて笑ってしまいました。世界は広いです(笑)。







2012年3月9日金曜日

Kinectを利用したオンラインバンキングの未来形「ETRONIKA」

Kinectを利用したオンラインバンキングの未来形「ETRONIKA」、これなら、オンラインショッピングを優雅に楽しめること間違いなしです。Kinectによるジェスチャー操作が可能で、デモ映像では、音声認証、顔認証を経て、決済画面へと遷移しています。操作画面は直感的で、誰にでも受け入れられるでしょう。自宅のソファーでくつろぎながら ショッピング 、まさにそんなシーンで活躍してくれそうです。





2012年3月8日木曜日

クレジットカード番号から、Visa、Masterなどのカードタイプを判定するするJavaScript

クレジットカード番号から、Visa、Masterなどのカードタイプを判定するするJavaScriptが公開されています。ショッピングサイトを構築する上で、カード会社の種別などは、どうでもいい話だとは思いますが、意外と簡単に判定できるようなので、備忘録です。

このソースが本当に正しいものであれば、最初の1桁目が「3」なら、アメリカンエクスプレス、「4」ならビザ、「5」ならマスターカードということになります。もうちょっと詳しく言うと、最初の2桁が「34か37」なら、アメリカンエクスプレス、最初の1桁目が「4」なら絶対にビザ、最初の2桁が「51、または、52、または、53、または、54、または、55」ならマスターカードということになるようです。至極簡単。

function getCreditCardType(accountNumber)
{
  //start without knowing the credit card type
  var result = "unknown";

  //first check for MasterCard(最初の2桁が、51、52、53、54、55)
  if (/^5[1-5]/.test(accountNumber))
  {
    result = "mastercard";
  }

  //then check for Visa(最初の1桁が、4)
  else if (/^4/.test(accountNumber))
  {
    result = "visa";
  }

  //then check for AmEx(最初の2桁が、34か37)
  else if (/^3[47]/.test(accountNumber))
  {
    result = "amex";
  }

  return result;
}

2012年3月7日水曜日

ショッピングサイトの新しいカタチ「ユニクロアンダーカバー」

ショッピングサイトの新しいカタチ「ユニクロアンダーカバー」が凄いです。独創的で、直感的な操作性は、一歩抜きでた次世代のショッピングサイトのユーザーインターフェイスと言えると思います。久しぶりに良いものを見せてもらいました。ウェブの可能性を体感できます。一見の価値あり。

2012年3月6日火曜日

ナビゲーションしてくれる靴「Le Chal」

ナビゲーションしてくれる靴「Le Chal」が現れました。GPSから現在地のデータを受信し、靴の前後左右に取り付けられたバイブレーターで、進むべき方向を知らせてくれるという優れモノです。視覚障害者向けに開発が進められているそうで、白い杖に置き換わる日も近いでしょう。遭難防止として、登山靴などにも応用できるかもしれません。



2012年3月5日月曜日

サッカーのゴール判定技術、カメラ判定の「Hawk-Eye」と磁場検知の「Goalref」

サッカーのゴール判定技術、カメラ判定の「Hawk-Eye」と磁場検知の「Goalref」の記事を目にしました。どちらも2014年ワールドカップでの実用化を目指して開発が進められている興味深い技術です。Hawk-Eyeは、ウィンブルドンテニスでお馴染みの、複数台のカメラとコンピューターを駆使したカメラ技術。もう一方のGoalrefは、ボール内に埋め込まれたセンサーによって、ゴールラインを割ったかどうかを判定するものです。これで疑惑の判定は減るのでしょうか?!





2012年3月4日日曜日

ツイッターで、米国医師が心臓手術をつぶやく(動画付き)

ツイッターで、米国医師が心臓手術をつぶやく(HOSPITAL LIVE-TWEETS OPEN-HEART SURGERY)というショッキングなニュースを目にしました。もちろん、学術的な観点から公開しているのでしょうが、投稿は、手術の動画付きです。ショッキングな映像が流れますので、文字通り、心臓の弱い方はご注意を。医学部の学生にとっては、この上ない教材になるでしょう。すごい時代に生きているのだなと痛感するニュースです。

@houstonhospital

2012年3月3日土曜日

Windows8 Consumer PreviewをISOイメージからインストール

Windows8 Consumer PreviewをISOイメージからインストールしてみました。ISOイメージ(Windows8-ConsumerPreview-64bit-Japanese.iso)は、こちらからダウンロード可能です。

さて、いきなり「無人応答ファイルから < ProductKey > 設定を読み取れません。」というメッセージが出現し、悩まされました。ネットワークカードとプリンタの接続を外してインストールを試みたら、うまくいきました。何だったのでしょう。こちらのmindia(マインディア)さんのサイトを参考にさせていただきました。

Microsoftのサイトにも紹介されていますが、プロダクトキーは、下記の通り。
DNJXJ-7XBW8-2378T-X22TX-BKG7J

無事インストールが完了して、ログインしてみると、心躍る「Metro UI」が姿を表しました。ちょっと利用してみた感想は、「使いにくい」です(笑)。実際のところ、評価できるほど利用はしていませんが、期待が大きすぎたかな? 旧式のユーザーインターフェイスも用意されていて、こちらは安心感があって、やはり、落ち着きます。