2012年12月30日日曜日

撮影している自分も写真に収まる「Not One Less Camera」

撮影している自分も写真に収まる「Not One Less Camera」、数人で集まって写真を撮る場合、撮影する人は写真に入れないわけですが、それを解消しようというのが、このカメラです。卒業アルバム写真でよく見かける欠席した生徒のように、切り抜きで自分もその写真内に収まることができます(笑)。セルフタイマーを使えば、簡単に解決できることではあるのですが、セルフタイマーって使わないですからね。



0 件のコメント:

コメントを投稿