2012年11月22日木曜日

Laravelで、製品環境(production)開発環境(development)切り替え

Laravelで、製品環境(production)開発環境(development)切り替えの設定メモです。製品環境に設定しているはずなのに、なんでエラー表示されてしまうのだろうかと、しばらく悩んでいたわけですが、ようやく疑問が解消しました(笑)。設定ファイルの error.php で「detail」の設定を切り替えれば良いようです。ちなみに、今までは、paths.php ファイルで、ローカルのURLを設定していただけでした。まだまだ、基本が、わかってないですね。

/application/config/error.php
/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Error Detail
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Detailed error messages contain information about the file in which an
| error occurs, as well as a PHP stack trace containing the call stack.
| You'll want them when you're trying to debug your application.
|
| If your application is in production, you'll want to turn off the error
| details for enhanced security and user experience since the exception
| stack trace could contain sensitive information.
|
*/

'detail' => true,
↓↓↓
'detail' => false,

0 件のコメント:

コメントを投稿