2011年11月15日火曜日

コカ・コーラの自動販売機が「育てるゲーム」に進化

コカ・コーラの自動販売機が「育てるゲーム」に進化しています。モニターが付き、喋れるようになって、ネットワークにつながれば、自然な流れと言えるでしょう。ネットワーク上の「たまごっち」的な存在を目指しているのでしょうか。ポイントが溜まったり、メールが届いたりと、顧客の囲い込みには、なかなか良い戦略といえるのではないでしょうか。不特定多数の顧客を相手にするのではなく、個々の利用客データを収集できるようにもなるのでしょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿