2011年10月4日火曜日

IBMが、都市の駐車スペース分析システムを発売

IBMが、都市の駐車スペース分析システムを発売とのこと。駐車場の混雑を緩和し、より多くの駐車料金を徴収できるように設計されたシステムで、クラウドサービスとして提供しています。車が駐車されているかどうかがわかるリモートセンサーを利用することで、データが大量に蓄積され、効率的な駐車場利用の分析材料となるようです。さすがはIBM、考えることが大きい。


0 件のコメント:

コメントを投稿