2011年2月21日月曜日

Google、Webブラウザでのネイティブコード実行を可能にする「Native Client」のSDKをリリース

Google、Webブラウザでのネイティブコード実行を可能にする「Native Client」のSDKをリリースと伝えられています。これでウェブの進化が、また加速しそうです。それにしても、Chromeは、着々とその足元を固めつつありますね。個人的にも、あれよあれよと、今では、一番利用頻度の多いブラウザとなってしまいました。たゆまぬ進化というのは、それだけで魅力なのであります。

0 件のコメント:

コメントを投稿