2010年9月29日水曜日

また来た、雑誌のインタビュー取材詐欺

またもや、ある雑誌社からインタビュー取材の電話が来ました。取材されるこちら側が料金を支払うハメになる巧妙な詐欺です。

実はこの手の詐欺は、数年前にも、一度、経験しています。インタビュアーに、そこそこ名の通った有名人が配役され、雑誌に紹介されると持ちかければ、誰しも、心おどるものです(笑)。私も、前回は、これでIT長者の仲間入りかと、浮かれてしまったわけですが、取材の手数料として料金を請求される段になると、たちまち、我に帰りました。そんなうまい話が転がっているわけがありません。

だいたい、私のような一介の開発者を取材して、面白いわけがないのです。謝礼でも出るならまだしも、取材される側が料金を支払わなければならないのは、どう考えてもおかしいです。冷静に考えれば、わかりますよね。

さすがに今回は、笑いをこらえながら、冷静に対処できました。

参考
取材詐欺について
取材詐欺に騙されないで

0 件のコメント:

コメントを投稿