2010年4月21日水曜日

「Berkeley DB」とは?

Berkeley DB」とは? ちょっと小耳に挟んだので、調べてみました。

Berkeleyと名前がついているからには、BSDと関係がありそうです。案の定、元はオープンソースだったらしいですが、現在は、Oracleに買収され、「Oracle Berkeley DB」として販売されているとのこと。Oracleも、多方面に抜かりないですね。MySQLも同じ末路を辿るのでしょうか。

さて、話は戻って、Berkeley DBですが、リレーショナルデータベースではなく、専用APIを通じてアクセスし、高速で動作するものらしいです。フェラーリの創始者、エンツォ・フェラーリは、とにかく、車は「軽く作れ」と指示したそうです。 話は逸れますが、「軽さ」はそれだけで、大きな武器なんですよね。車でもDBでも、「軽い」ということは、もたらされる結果に大きな影響を与えるということでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿