2010年3月16日火曜日

久しぶりに、PHPをソースからインストールしてしまいました。

久しぶりに、PHPをソースからインストールしてしまいました。

新たにサーバーを設定したのですが、稀に見る簡素なサーバーでした。最近のサーバーは、何でもかんでも環境が整っていますが、本日手をつけたサーバーは、何も設定されていませんでした。専用サーバーで、PHPは無し、DBは無し、コンパイル環境も無し、SSHとHTTPだけが立ち上がっているという、なんとも潔い、商売気のないレンタルサーバーです。DBがインストールされていないのはわかるのですが、PHPがインストールされていないサーバーというのは、今日、かなり珍しいのではないでしょうか。

衝撃を受けつつ、yumで環境を整えていたら、PHP4しかインストール出来ませんでした。仕方なく、PHP関連のパッケージを全てアンインストールして、ソースからPHP 5.3.2をインストールしました。

早速、利用しようと思い、ソースファイルをサーバーにアップすると、見事に動かないんです。どうも、ファイル開始のデリミタ「<?」が、「<?php」でないと、動作しない様子。php.iniファイルのどこで設定するのか、忘れていて、しばらく探してしまいました。

short_open_tag = On

です。慣れないことをすると、本当に時間がかかりますね。しかも、今まで問題なかった部分で、エラーが表示されているではないですか。

Warning: strtotime() [function.strtotime]:
It is not safe to rely on the  system's timezone settings.
You are *required* to use the  date.timezone setting or
the date_default_timezone_set() function.
In  case you used any of those methods
and you are still getting this  warning,
you most likely misspelled the timezone identifier.
We  selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in
日付関係のエラーのようです。こちらもphp.iniの設定を変更して、エラーは表示されなくなりました。

[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo


参考
PHP5.2.x 環境からPHP5.3.x環境になりログが溜まり始めた。

0 件のコメント:

コメントを投稿