2009年9月25日金曜日

GParted Live CD

ハードディスクの調子が悪いので、ハードディスク調査目的で、GParted Live CDを利用してみました。

GParted Live CDは、パーティションの設定やフォーマットなどができるオープンソースのフリーソフトです。ISOイメージからCD-Rを作成し、ブート可能なCDを作成すると、マシン起動と同時に、ソフトが立ち上がります。GUIでハードディスクのパーティションの状態が確認可能で、フォーマットの変換なども可能です。

結局、OSを再インストールする羽目にはなったのですが、非常に便利なソフトだと思います。

2009年9月8日火曜日

「Windows 7 Enterprise」評価版を試す

「Windows 7 Enterprise」評価版を試してみました。

確かに、細かい動きは、洗練されたかなという印象です。特に、画面下のタスクバーに表示されるサムネイル画面切り替え表示は、便利ですね。Vistaの「エアロ」は、全く利用していませんが、このタスクバーから利用できる形式であれば、普段から利用できると思います。

さて、素直な感想はといいますと、まだ、あまり使い込んでいないためかもしれませんが、世間で騒がれているほど、Vistaから進化しているとは思えませんでした。今回試したのは、1世代前のパソコンではありましたが、決して軽いOSではないです。「Enterprise」版であることを差し引いても、劇的に軽くなったとは思えませんでした。快適に利用するには、ある程度のPCスペックは要求されると思います。常に、「新しいOSに、新しいパソコンを」ということなんでしょう。

あまり動作を軽くすると、新しいパソコンが売れなくなってしまいますから、マイクロソフトも匙加減が難しいと思いますが、この不況の時代、劇的に軽いOSが現れれば、勝機はあると思います。

ダウンロードは、こちらからどうぞ。